目・耳・鼻のトラブル



目の疲れ  かすみ目  
めまい
 耳鳴り
 慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎  
後鼻漏
 蓄膿症

など 

目・耳・鼻のトラブルは、大きく分けて、
1.老化などによる機能の低下
2.血の汚れの瘀血、水や脂や繊維の汚れ痰湿がたまっている場合
3.ストレスや自律神経失調などで気の流れが悪くなっている場合
があります。
それぞれ使う漢方は違います。
機能低下の場合は中医学ては腎との関係が深いですが、肝や脾なども関係しているケースが多いです。
また1と2と3が同時に見られる事も多いです。
中医学では1を虚といい、2と3を実と言います。
日本式の漢方では体力があるのを実証、体力か無いのを虚証と言いますがそれとは全く違っています。
虚の場合はどの臓腑で何が不足しているか考えて不足していものを補います。
同じ血の不足でも不足している場所によって使うものが異なります。
汚れが溜まっている場合は汚れを綺麗にします。詰まっているものは通します。
気の流れが悪くなると汚れも溜まりやすくなります。
深谷薬局養心堂は、中医学に詳しい中国国立大学の元客員教授の深谷彰と深谷幹子が一人ひとりの体質や状況を考えて、その人にあった漢方薬をお勧めしています。