健康保険が使えない漢方

漢方も病院で出される事が多くなって来ました。 漢方もいろいろと種類があり、医薬品に分類されるものと、健康食品として発売されているものがあります。 この中で健康保険が適応されるものは限られています。

漢方にも日本式と中国式があります。 中国式の漢方は中医学と良い、日本の漢方とはまた違った使い方をします。 中医学が日本に入って来たのは比較的新しく、中医学で使う漢方薬のほとんどが健康保険の適応外です。 ですから、中国式の中医学で処方を決めるとどうしても保険の適応外になります。

日本の法律で、保険で漢方薬を使えるのは医師に限ります。 日本の医師は西洋医学の資格です。 ですから、日本で漢方医になるためには西洋医学の大学を卒業してから自分で漢方を勉強する事になります。 このため、日本では漢方専門のお医者さんはとても少ないのです。 中国では漢方医学の学校、病院、医師があり、中医大学、中医医院、中医師と呼ばれています。 当店の店主、深谷彰と深谷幹子は中医学を学んでいて、中国の国立大学の中医学の客員教授をつとめていました。 ですので、日本式の漢方とはまた違った考え方で本場の漢方薬を使っています。 残念ながら保険は効きませんが、病院の漢方とは一味ちがう漢方です。 諦めないで、ぜひご相談ください。