皮膚のトラブルのご相談



アトピー性皮膚炎  ニキビ
 皮膚のくすみ  肌荒れ
 湿疹  慢性蕁麻疹 (コリン性蕁麻疹) 
月経疹
 など

皮膚病やアレルギーの主な原因は、体の中に色々な汚れがたまる事と考えます。
主な汚れとしては、血の汚れ(瘀血) 水や脂の汚れ(痰湿) 余分な熱 食滞などがあります。
ですから基本としてはこれらの汚れを取り除き綺麗にする事です。
ただ、汚れがたまるには原因があります。これらの原因を考えないでただ汚れだけ綺麗にしていても、また汚れがたまります。
汚れがたまる原因としてはストレスなどによる気滞や、エネルギー不足の気虚、血の不足の血虚、温める力の不足の陽虚、潤い不足の陰虚などが考えられます。
また五臓の働きも大切です。五臓は、肝・心・脾・肺・腎で、西洋医学の臓腑とは違います。
これらの臓腑の働きが低下するのは問題ですが働きすぎるのも問題となります。というのは五臓はそれぞれバランスをとっていて、一つが強くなりすぎるのも良くないと考えているからです。
中医学は五臓の状態を把握して、バランスを整えるような方法を考えます。
これが日本式の漢方と中医学の大きな違いです。
中医学に詳しい中国国立大学の元客員教授の深谷彰と深谷幹子が一人ひとりの体質や汚れ、五臓のバランスなどをかんがえて皮膚病やアレルギーの体質改善の漢方薬をお勧めしていきます。