五行説

五行学説は、中国古来の哲学思想です。これが、中医学と結びついています。
五行とは 木 火 土 金 水 です。

これを臓腑にあてはめて

「木」 
肝臓 胆嚢 まっすぐにのびる性質 風で揺れる性質 酸っぱい味 怒りっぽい状態 気節は春 方角は東 体では、筋 目 爪 を意味しています。

「火」 
心臓 小腸  熱い性質 苦い味 喜ぷ気持ち 気節は夏 方角は南 体の部分としては舌を意味しています

「土」
 脾臟 胃(脾とは、漢方的には、消化吸収を司るもので、現代医学の脾臓とは意味が違いますから、注意してください。)
  湿  甘い味  思う気持ち  筋肉(中医学的には肌肉といいます。)  季節は長夏(つゆの頃)  中央 を意味しています。
土は、他の四つが東西南北を意味しているのに対して、中央を意味しています。
この事から、脾胃は、体の中心と考えています。
胃腸の消化吸収機能が弱ってしまうと、病気は治りにくいわけです。

「金」
 臓腑では、肺と大腸を意味しています。
 肺とは、漢方的には、呼吸器としての肺だけでなく、鼻や皮膚も含まれます。
 また、免疫機能の一部も肺の働きとされています。
 それ以外には、  燥 辛い味  悲しい気持ち  皮毛  季節は秋  西  を意味しています。

「水」
 臓腑では、腎と膀胱を意味しています。
 腎とは、漢方的には、泌尿器としての腎だけでなく、ホルモンや生殖器も含まれます。
 また、免疫機能の一部も腎の働きとされています。

 それ以外には、 寒  塩辛い味  恐ろしい気持ち  骨 季節は冬  北  を意味しています。



 トップページに戻る