精つく食べ物ガイド。~いちご~

これを食べれば明日から元気!

精のつくといわれる食材と、その効果をまとめました。これで明日から疲れ知らず!
スタミナつけて、毎日元気でいきましょう。

精つく栄養素ガイド
いちご 写真

いちご

[概要]

人類といちごのかかわりは古く、石器時代から食されていたと言われています。

当時は野いちごを食していましたが、その後栽培され品種改良で開発されたオランダいちごが近年で一般的に言われるいちごになります。日本では日本書記に伊致寐姑(いちびこ)という名前があったりと古くからあるようですがはっきりはしていません。また、日本で古くから食されていたものは野いちごで栽培は行われていなかったようです。江戸末期に輸入されたものも赤色が血を連想させるといった理由から食用でなく観賞用程度しか流行しませんでした。食用として栽培が始まったのは明治初期のころのようですが、このころは高級品で庶民に手の届くものではありませんでした。第二次大戦後ようやく庶民の手元に届くようになったようです。

今では生食での消費量は世界一となった日本。品種改良が進み、諸外国にも日本のいちごは人気なんだそうです。

[食べ方]

いちごにはとにかく豊富なビタミンCや血液の循環を良くする抗酸化物質が含まれています。これにより精力増強に効果が期待できるといわれてます。

また、女性にも生殖機能を高める効果があるといわれてるので最近ごぶさた…なんてカップルは寝る前にいちごを食べてみるといいかも。その際には性欲を高めるメチルキサンチンを含むダークチョコレートと一緒に摂取するといいでしょう。

精力増強効果はジャムにしても失われません。鉄分を豊富に含むプラムといちごのジャムなら貧血予防にもなるので女性には特におすすめですね。

いくらごぶさただからって夜に二人ですっぽん鍋となるとなんだかあからさまで気まずいですが、チョコレートつけたいちごならおしゃれだしムードも盛り上がりますよね!

[保存]

要冷蔵です。4~5日以内に食べきりましょう。それ以降になりそうなら冷凍保存してジャムなどに使うといいでしょう。

冷蔵保存の場合は購入時の容器から取り出し、タッパー等の容器にキッチンペーパーを敷き、ヘタを下にして並べてください。この時できるだけ重ならないように並べましょう。終わったらラップ等でふたをして冷蔵庫で保存しましょう。

いちごはかびなどが生えやすいので水洗いは食べる直前まで控えてください。ヘタを取って保存するとそこから腐ったりするのでヘタも食べる直前にとりましょう。

お問い合せはこちら