精つく栄養素ガイド。~アリシン~

精つく栄養素で明日はさらに元気!

精のつくといわれる栄養素や成分、含まれてる食材をピックアップ。
体調に合わせてかしこく摂取していきましょう。

精つく食べ物ガイド
にんにくすりおろし

アリシン

[概要]

にんにくから発見された成分で、ねぎやにんにくなどの香りの要因にもなる成分です。にんにくは特にアリシンの多い野菜ですが、そもそもアリシンは普段は含まれておらず、刻むなどしてアリインという物質が分解され発生します。

[効果・効能]

アリシンは強い殺菌作用があります。ねぎやにんにくを常食するとかぜをひかないというのはアリシンの殺菌作用によります。さらに殺菌だけでなく抗酸化作用もあるので、体を若く保つ他、がん予防にも効果があると言われています。

他にも注目したいのは疲労回復効果です。ビタミンB1が疲労回復に役立つ成分ですが、熱や水に弱く、吸収率が悪いことでも有名です。アリシンはビタミンB1と結びつきアリチアミンとなることで吸収率をアップすることが出来ます。余談ですがこのアリチアミンを利用して開発されたのがアリナミンだそうです。この効能からにんにくは豚肉などビタミンB1を多く含むものと一緒にとると効率がいいということがわかりますね。

[アリシンの多い食べ物]

にんにくが特に多く、ねぎ、たまねぎ、にらなどに多く含まれています。他にはだいこんやわさびにも含まれているそうです。薬味として使われるものが多いですね。これらを薬味として使うことで、殺菌効果があるということ昔の人は経験で知っていたんですね。

同じように薬味で使われる生姜はアリシンが含まれていそうだと思われがちですが、生姜の辛みはショウガオールやジンゲロンなどでアリシンとは別のものです。殺菌効果はありますが、ビタミンB1と結びつきアリチナミンとなる効能はありません。豚肉の生姜焼きはポピュラーな料理ですが、ビタミンB1の吸収を助けるために生姜を使うわけではないので勘違いしないように。

お問い合せはこちら